中国 平遥 太原

黄河中流域に位置する山西省は古代文化の宝庫でもある。
中でも注目されるのが仏教文化。
仏教美術の逸品が多い北魏時代の首都は大同だ。
個性あふれる仏教遺跡をゆっくり訪ねよう。


 

古の街にタイムスリップ、平遥古城(世界遺産)

平遥城内は14世紀明代初めに作られた街がほぼそのまま残り、
街全体がさながら博物館の様。
人々の純朴さもまた変わらぬまま。
中国初の銀行日昇昌、華北第一金票局も見ておきたい。

平遥郊外の双林寺にある、2000体以上の豊かな色彩の残る仏像塑像も、
芸術性が高く必見だ。


中国旅行 平遥 中国旅行 平遥 双林寺

金融業で財を成した山西商人

清時代、山西商人は全国各地で銀行業の前身「票号」で財を成した。
喬家はその代表のひとつ。
清末期の混乱の中、いかに商いを発展させていったのかを知ることも興味深い。
喬家大院は閉鎖された堡塁村の中にあり、
建築面積9000u余り、300余りもの部屋がある。
張芸謀監督の『大紅灯篭高々掛(紅夢)』のロケ地としても知られている。


中国 喬家大院 中国 喬家大院

王家大院

壮麗な山西大院のうち王家大院は最大規模であり、「民間の故宮」と称されているほど。
中国の伝統的な長幼、男尊女卑などの等級制度を踏襲した構造で、
「実用、堅固、美観」をモットーにした建築装飾も芸術性が高く、
世界遺産登録の準備が進められている。

中国 王家大院 中国 王家大院


 

  Copyright(c) sosyu yuzyo zyuzai senka all rights reserved                                   | about us | sitemap | link |